公務員試験技術職(化学)勉強広場

りけイノシシの就活応援広場

技術系の公務員試験の勉強法を紹介します。職種は技術職(化学)です。一般教養は行政と技術の区分なしで、専門試験は希少な化学を専門とする方の参考になれば。

最近関心持ったことは:公務員試験の面接対策

公務員試験の面接では、「最近関心をもった出来事は何ですか?」という質問をされます。この質問で聞かれているのは、個人的出来事ではありません。面接官は受験者が興味を持った、社会的な出来事について聞きたいのです。

【公務員試験】一般教養全般の勉強法

公務員試験を受験する方向けに、一般教養試験全般の勉強法を紹介しています。一般教養試験は、6~7割程度を目標に勉強することが重要です。出題傾向の苦手を加味して効率の良い勉強を心がけましょう。

なぜ国家?、なぜ地方?:公務員の面接対策

「なぜ、国家公務員(地方公務員)を志望されるのですか?」これは、公務員試験や官庁訪問をした際の面接で、大部分の方が聞かれる質問です。筆者も国家公務員、地方公務員の面接で尋ねられました。この質問へのふさわし答え方とは?

公務員志望者が民間を受験すべき5つの理由

本記事では、公務員志望者が民間企業を、受験すべき理由を紹介しています。筆者も、公務員試験の他に民間企業も受験しました。民間企業まで受けると、大変な気もしますが、その大変さに見合ったメリットもありますよ。

【技術系公務員(化学)】正しい言葉の使用-記述試験対策

技術系公務員を化学区分で受験さる方向けに、記述試験の対策での、文章の書き方対策を紹介しています。本記事で紹介しているのは、正しい言葉の使用についてです。細かなことかもしれませんが、拘れるかどうかが合否に影響します。

【技術系公務員(化学)】文章全体の構成-記述試験対策

ここでは、技術系公務員(化学区分)を受験される方向けに、記述試験の文章の全体の構成の仕方について紹介しています。文の構成も大切ですが、文章全体の構成に注意することで、全体的に読みやすい文章になります。

【技術系公務員(化学)】文の構成-記述試験対策

本記事では、技術系公務員試を化学区分で受験される方向けに、記述試験の文章の書き方で、文の構成について紹介しています。文の構成で注意すべきことは4点です。4つのことに注意して、分かりやすい文を書きましょう。

公務員内定者に共通する特徴

公務員内定者に共通した特徴があることは、ご存知ですか。公務員試験に合格するためには、様々な選考を突破しなければなりません。選考ごとに審査される内容が変化します。

【技術系公務員(化学)】化学の頻出問題について

本記事では、技術系公務員(理系)を科化学区分で受験される方向けに、化学の頻出問題について解説しています。化学の頻出問題はスー過去化学と並ぶ、化学k職の公務員試験対策の書籍ですが、初学者にはおすすめしません。

なぜ民間ではなく公務員:公務員の面接対策

公務員試験や官公庁訪問での、面接で、「なぜ民間ではなく公務員なのか」という質問をされることが多々あります。公務員を志望する方は、少なくとも一回は、この質問を受ける超頻出質問です。この質問に答える際に注意すべきこととは。

大した経験なんてないよという方へ:公務員試験の面接対策

公務員試験の面接で、「これまでの経験を話してください。」という質問があります。これは、話のネタがないと話せません。話のネタを見つけられない方に、話のネタの見つけ方をアドバイスしています。力になれれば。

【公務員試験】文学・芸術は暗記、捨てても良い

公務員試験を受験する方向けに、一般教養試験で出題さる文学・芸術の勉強法とおすすめの書籍を紹介しています。文学・芸術は、捨てても良い科目だと思っています。勉強時間に余裕のある方だけが、勉強すれば十分です。

【技術系】卒業研究の詳細は話さない:公務員の面接対策

技術系公務員を受験される方は、面接や官公庁訪問で、卒業研究について聞か有れることがあります。自分の卒業研究について、詳細まで説明する必要はありません。自分の卒業研究の意義を伝えることができれば、成功です。

これまでの経験は学んだことをリンク:公務員の面接対策

公務員試験の面接や官公庁訪問で尋ねられる、「これまでの経験や、今まで一番黒して乗り切った困難」は差が出ます。経験から学んだことや、工夫したこととリンクさせていなければ、評価は低くなります。

志望動機では差がつかない:公務員志望者向け面接対策

面接試験の、志望動機で差が出にくいのは、公務員試験でも同じです。志望動機で失敗してしまうと、死亡動機になります。逆に言えば、悪目立ちして、不合格への道を歩むことになります。志望動機のタブーとは。

【公務員試験】思想は勉強のコスパが良い

公務員試験の一般教養で出題される思想は、非常に勉強の高スパが良いです。出題頻度の高い部分が決まっているので、その部分さえ勉強しておけば高い確率で得点できます。

【公務員試験】文章理解(英語)の勉強法と時間配分

公務員試験を受験される方(行政職、技術職)に関係なく、一般教養試験の文章理解(英語)の勉強法を紹介しています。文章理解は国語もそうですが、毎日コツコツ勉強することが、一番大事です。適切な書籍で、毎日勉強するようにしましょう。

【公務員試験】日本史は勉強するなら範囲を絞って

本記事では、公務員試験を受験する方無向けに、一般教養試験で出題される日本史の勉強法とおすすめ書籍を紹介しています。日本史は勉強をおすすめしません。しかし、なかには日本史の勉強をおすすめできる方もいます。

【公務員試験】世界史は低コスト(お金)で勉強できる

公務員試験の人文科目の選択で迷っている方には、世界史をおすすめします。公務員試験の晩愛世界史は、ほぼお金をかけずに勉強できます。出題頻度の高い部分だけ勉強すれば、時間もそれほどかかりません。

【公務員試験】地学は理系も文系も勉強

地学は公務員試験の種類によって、出題される試験とそうでない試験に分かれます。地学は基本的には暗記です。自然科学分野ですが、文系も勉強すれば解けるようになります。得点原意しましょう。

【公務員試験】物理は演習問題を解いて勉強

本記事では、公務員試験の一般教養で出題される物理の勉強法とおすすめ書籍について紹介しています。公務員試験で出題される物理は高校物理レベルです。演習問題を解くことで勉強しましょう。

【公務員試験】生物は理系も文系も勉強

公務員試験の一般教試験では、生物が出題されます。生物は文系も理系も勉強して得点源にすべきです。高校で生物を勉強したことがない方でも、勉強すれば、すぐに解けるようになります。

【公務員試験】時事は使用する書籍が重要

公務員試験の一般教養で出題される時事は、使用する書籍選びが重要です。書籍によっては、出題ポイントを外しているものもあります。一度書籍を決めてしまえば、あとは暗記するのみです。

【公務員試験】文章理解(国語)の勉強法と時間配分

公務員試験の文章理解(国語)の時間配分と勉強法、おすすめ書籍、を紹介しています。評論に関しては勉強すれば誰でもできます。センスがないと解けないは嘘です。

【公務員試験】地理は広く浅く勉強

公務員試験の一般教養で出題される地理の勉強法を紹介ています。地理は出題範囲が広いので、広く浅く勉強すべきです。また、使う書籍も広く浅く知識を網羅した、薄い書籍を使うようにしましょう。

【公務員試験】化学は理系ならば落としてはいけない

公務員試験の一般教養の化学は理系なら正答を目指しましょう。化学職を志望するなら絶対に落としてはいけません。一般教養の化学は高校レベルの化学の知識があれば、解くことができます。

【公務員試験】資料解釈の勉強法とおすすめ書籍

公務員試験では資料解釈の問題が出題されます。ここでは、資料解釈の勉強法とおすすめ書籍を紹介しています。資料解釈は、苦手な方でも基本的には捨ててはいけません。この記事を参考に勉強してみて下さい。

【公務員試験】判断推理の勉強法と時間配分

公務員試験の判断推理の勉強法と時間配分、おすすめの書籍について紹介しています。判断推理は数的推理と異なり、苦手な方も捨ててはいけません。この記事を参考に勉強を始めてみましょう。

【公務員試験】数的推理の勉強法とレベル別おすすめ書籍

公務員試験の中で、数的推理が一番苦手という方が多いと思います。本記事では数的推理の勉強法、おすすめ書籍について紹介しています。本記事を参考にして少しでも、数的推理ができるようになれば。

【技術系公務員(化学)】専門試験の勉強法:全体の流れ

化学区分の技術系公務員(理系)を目指す方向けに、専門試験の勉強の流れを紹介しています。勉強の順番を考えることで、効率的に勉強ができます。勉強を始める前に、一度勉強の順番を考えてみましょう。