公務員試験技術職(化学)勉強広場

就活応援広場

技術系の公務員試験の勉強法を紹介します。職種は技術職(化学)です。一般教養は行政と技術の区分なしで、専門試験は希少な化学を専門とする方の参考になれば。

【技術系公務員(化学)】記述試験ですべき2つの対策

本記事では、技術系公務員(理系)を志望していて、化学専門試験として受験される方向けに、記述試験の対策を紹介しています。記述試験で対策すべきことは2つです。

本記事が対象としているのは、国家一般職、地方上級を受験される方です。

紙にペンで文章を書いている

1.はじめに

公務員試験を受験される方は、一般教養試験、専門試験勉強で忙しく、記述試験勉強時間は確保できないと思います。そもそも、記述試験は一人では勉強しづらいす。

大学生の場合は、4年生になってから、勉強しようと思っている方もいるのではないでしょうか。結論から言えば、正解です。

 

2.勉強内容

(I) 文章の書き方(出題形式によらない勉強)

文章の書き方は、記述試験全般に共通して注意を払う必要があります。面接カードや、エントリーシート、履歴書等の提出書類を作成する際にも、気をつけるべきです。

わかりやすく簡潔な文章で書かなければ、どんなに内容が素晴らしくても、伝わりません。くどい言い回しをしてないか、段落分けされているか等です。詳しくは、以下で解説しています。

【技術系公務員(化学)】記述試験文章の書き方

(II) 文章の内容(出題形式に沿った勉強)

続いて、文書の内容です。これは、出題形式によって変わる勉強法です。記述試験といっても、様々な形式が考えられます。形式が異なれば文書の内容は異なるはずです。そのため、対策法も異なります

例えば、
・専門試験のような択一式のような問題を記述で解答させる問題
  →専門択一の勉強に類似した勉強法で対処できるでしょう。
   ただし、記述形式ですので、能動的知識のアウトプットが必要です。

・お題を与えられ、化学の知識に基づいて記述させる問題
  →化学の基礎知識に加え、化学が応用されている分野や
   基礎知識がどう関係しているのかを知っておく必要があります。

・行政職と同様のお題を与えられ、それついて記述させる問題
  →文系(行政職)と同様の対策をすればよい。市販の行政職用記述試験の参考書籍で
   勉強すれば問題なし。

このように、勉強法を決めるためにも、出題形式は知っておくべきです。

行政系(文系)ならば、記述試験対策の本が出版されていて、様々な形式に対する模範解答に加え、ポイントまで記載されています。しかし、技術系(理系)の場合(特に化学)、記述試験対策の書籍は出版されていません。

技術系公務員が出題形式を知る方法は一つしかありません。過去問を入手することです。国家一般職試験の場合、人事院に請求すれば過去問を入手できます。地方上級試験の場合、自治体によるので入手できるかどうかわかりません。

ちなみに、国家一般職の出題形式は、お題を与えられ、化学の知識に基づいて記述させる問題です。

国家一般職を受験する方向けに、こちらで、文章の内容に関する勉強法はを紹介しています。

公務員試験技術職化学の記述試験お題分析 

公務員試験技術職化学の専門分野を活かした記述試験対策

3.まとめ

  • 記述試験対策は以下の2つ
  • 文章の書き方(出題形式によらない勉強)
        (1)文の構成
        (2)文章の構成
        (3)読める字で書く
        (4)正しい言葉の使い方
  • 文章の内容(形式に沿った勉強)