公務員試験技術職(化学)勉強広場

就活応援広場

技術系の公務員試験の勉強法を紹介します。職種は技術職(化学)です。一般教養は行政と技術の区分なしで、専門試験は希少な化学を専門とする方の参考になれば。

【技術系国一公務員(化学)】記述試験対策は4年生からで間に合う

本記事では、技術公務員(理系)化学区分で受験される方が、記述試験の勉強を始める時期とその理由について述べます。

記述試験の勉強は、大学生の場合、4年生になってから、勉強を始めて十分間に合います。さらに、4年生になってから勉強を始めた方が、効率的に学習できます。ここでは、この理由を解説します。

紙にペンで文章を書いている

1.専門試験の勉強が記述試験対策

国家一般職の記述試験は、お題を与えられ化学の知識に基づいて記述する問題です。

国家一般の記述試験で求められる力は、以下です。

  • 問題を解くための知識
  • 文章を書く力が必要

問題を解くための知識は、専門多肢の勉強や大学の講義を受けることで養うことができます。一方で、文章を書く能力は、後述するように、大学4年生になって勉強し始めた方が効率良く身に付けられます。

2.卒論を進めることで専門分野の確立。

国家一般職の記述試験では、自身の専門分野を確立し、事前に話のネタを複数準備しておけば、容易に解答できる問題があります。(もちろん、専門分野の知識を活かせない問題も出題されます。)詳しくは以下をご覧ください。

【理系公務員(化学)】記述試験のお題分析

【理系公務員(化学)】国家一般向け記述試験の文章内容対策

※専門分野とは、専門多肢を解くための知識でなく、卒業研究のようにもっと絞り込んだ分野のことです。

卒業研究では、3年生までに学んだ化学の知識を活かしつつ、各自の専門分野の研究をするはずです。3年生までに学んだ知識に加え、専門分野の知識や過去の研究について知ることが不可欠です。

記述試験の問題によっては、卒論の研究を通して身に付けた専門知識や過去の研究が話のネタになります。つまり、卒論研究を進めることで、記述試験用のネタを準備できるのです。

3.就活や卒論で文章を書く力を習得

わかりやすい文章を書く能力も記述試験では評価されます。わかりやすい文章の書き方については、以下をご覧ください。

【理系公務員(化学)】記述試験における文章の書き方

民間企業も受験する方

民間企業を併願される方は、エントリーシート履歴書を書くことになります。その際、書き終えた後に、指導教員や研究室の先輩、就職担当の大学職員に添削をお願いすると良いでしょう。

添削された後に、自分が書いた文と見比べて、良い表現を真似し、悪い部分を修正しましょう。この作業をするだけで、文章の作成能力が劇的に向上します。

民間企業も受験しない方

公務員志望者が民間を受験すべき5つの理由

民間企業を併願されない方も、卒論は書くはずです。卒論の冒頭では、研究背景を書きます。文章を書く能力を向上させたければ、この部分を書いてみましょう。何度も見直し、できるだけわかりやすい文章になるようにしましょう。

そして、可能ならば指導教員や研究室の先輩に添削してもらいましょう。添削を受けた後は、自分の書いた文と比較してみてください。専門用語の使い方はもちろん、言い回しや表現を訂正されているはずです。訂正された部分の表現法を真似して、悪い部分を直せば、文章を書く能力が見違えるほど向上します。

4.まとめ

  • 記述試験の対策は4年生かで間に合う
  • その理由
           1.専門試験の勉強が記述試験対策
           2.卒論を進めることで専門分野を確立
           3.就活や卒論で文章を書く能力を習得