公務員試験技術職(化学)勉強広場

りけイノシシの就活応援広場

技術系の公務員試験の勉強法を紹介します。職種は技術職(化学)です。一般教養は行政と技術の区分なしで、専門試験は希少な化学を専門とする方の参考になれば。

ヒョウに学ぶ適応力【就活生・新入社員向け】

就活生や新入社員に、紹介したい動物のひとつがヒョウです。採用面接でアピールすべきこと、実際に働き始める上で意識して欲しいことを教えてくれる動物です。

ライオンやトラに比べて、ヒョウはネコ科の動物の中では地味です。小賢しいやつなんてイメージがあるかもしれません。

この記事を通して、ヒョウについてのイメージを見直して、いただければ幸いです。肩を張らずに、息抜き程度で読んでください。

ヒョウの立ち姿

ヒョウてどんな動物?

就活生や新入社員に参考にしてもらいたいネコ科の動物は、ヒョウです。百獣の王のライオンや、それに次ぐイメージのトラでないのには理由があります。そこで、まずはヒョウという動物について見ていきましょう。

優れた適応力

ヒョウの適応力を示すイラスト

ヒョウは、ネコ科の動物の中で、最も適応力に優れた動物です。暑く乾燥した草原から、蒸し暑い熱帯雨林、山地、水辺、豪雪地帯、人の住む集落と場所を選ばず生息できます。

ヒョウはネコ科の中で最も繁栄

ヒョウの分布を表した図

環境への適応能力を向上させたヒョウの生息域は、ネコ科の中で最も生息域が広いです。上図に示すように、ヒョウはアフリカ大陸とユーラシア大陸に渡って生息しています。

アフリカ大陸とインド周辺の一部地域にしか生息していないライオンや、ユーラシア大陸の一部にしか生息していないトラと比べれば、いかにヒョウの生息域が広いか分かると思います。ヒョウはその適応能力によって、百獣の王ライオンやトラを凌駕して、繁栄することに成功しました。

web動物図鑑:ヒョウ(簡単な解説)

web動物図鑑ヒョウの特徴(ちょと詳しい解説)

ジャガーとヒョウの違い:web動物図鑑

ヒョウから学ぶこと

私達がヒョウから学ぶべきことは、その適応力です。特にこれから、社会に出ようとする就活生や新入社員の方には、ぜひヒョウの適応力を見習ってみてください。

就活生にとっては、適応能力の高さをひとつの自己PRになります。ひとつの会社には様々な部署がありますし、色んな人がいます。このような環境で、職務をこなしていくためには、適応能力が必要です。

新入社員の方は、自分の希望する部署に配属されなかったり、嫌な上司に出会ったりするかもしれません。このような、環境にも適応することが求められます。

動物園の人気動物ライオンやトラを目指すことも悪くありませんが、ぜひ頭の片隅にヒョウのことも置いておいてください。就活生や新入社員の方が、ヒョウのように成功することを期待しています。