公務員試験技術職(化学)勉強広場

就活応援広場

技術系の公務員試験の勉強法を紹介します。職種は技術職(化学)です。一般教養は行政と技術の区分なしで、専門試験は希少な化学を専門とする方の参考になれば。

【公務員試験】化学は理系ならば落としてはいけない

本記事は、公務員試験(行政職、技術職関係なし)を受験される方向けに、一般教養の化学の勉強法とおすすめの書籍、について紹介します。理系は絶対に落としてはいけません。

化学のガラス器具

1.理系は確実に正答、文系は捨てる

一般教養試験で出題される化学は、校生レベルの知識で解ける化学の問題です。理系は落としてはいけません。大学の専攻科目によっては、化学から遠ざかって日が経つ方もいると思います。高校レベルの化学を忘れてしまった方は、この記事の下部で紹介する書籍で、簡単に勉強し直しましょう。すぐに思い出すはずです。

特に理系公務員(技術職)で化学職を志望する学生は、絶対落としてはいけません。非常にもったいないです。不正解だと、確実に周りとの差が広がります。

一方、文系の方は、一般教養の化学は捨てて構いません。適当にマークしましょう。一般教養の化学を勉強している時間があれば、数的推理、判断推理、資料解釈、人文系の知識問題で、一問でも多く正解できるように勉強しましょう。化学は捨てた方が効率的に勉強できます。

ただし、文系の方で、センター試験の理科選択で化学を選んだレアな方は勉強しもいいと思います。周りの受験者に差をつけるチャンスです。

2.勉強法

0.過去問分析

まずは過去問分析で出題傾向と、どの程度解けるかを把握しましょう。解けるなら勉強する必要はありません。過去問分析のやり方と重要性について知らない方は以下を参考にしてください。

一般郷試験の過去問分析ですべきこと

公務員試験で過去問分析が重要な理由

1.化学を忘れた方の勉強法

過去問分析をして、一般教養の化学が解けなかった方は、書籍を使って勉強してみましょう。少し勉強すれば、高校レベルの化学なら、すぐに思い出せるはずです。

化学を忘れたかににおすすめの書籍が以下です。

『スーパー過去問ゼミ5 自然科学』

この本のおすすめポイントが、演習問題の前に、各分野で理解しておくべき内容がまとめて書かれています。基本的に理系は高校で化学を勉強しているはずですので、この説明を読むことで、忘れていた化学の知識を思い出せます。

化学の知識を思いだした後に、演習問題を解きましょう。この本に記載されている演習問題は、公務員試験の過去問です。この本で、公務員試験の過去問で演習を積めるため、他に公務員試験用の勉強をする必要がありません。問題の出題形式や、出題傾向はこの本に従えば問題ありません。

『一般知識出るとこチェック 数学・物理・化学』

こちらの本は、スーパー過去問ゼミよりおすすめではありませんが、紹介しておきます。この本では、一般教養で出題されるレベルの化学を学ぶことができます。(演習用ではありません。)重要な知識を覚えるための本です。

理系であれば、ほとんどの方が高校レベルの化学を勉強してるはずです。そのため、ただ知識をまとめた本は必要ないと思います。上記のスーパー過去問ゼミ化学に記載されている説明と演習問題で思い出すはずです。

逆に、高校レベルの化学を完全に忘れてしまった方には、おすすめです。厚さははなく、空き時間で読める程度の薄さです。2~3日で読み終えられる厚さなので、何度か読み返して、勉強しましょう。本試験まで時間のない方にもおすすめできる厚さです。

3.まとめ

  • 一般教養の化学は高校レベル
  • 過去問分析をして必要なら勉強
  • 理系は一般教養試験の化学は確実に正答(化学職は絶対正答)
  • 文系は捨てる(センター試験で化学を受けた方は勉強してもよい)

一般教養全般の勉強法 へ戻る