公務員試験技術職(化学)勉強広場

就活応援広場

技術系の公務員試験の勉強法を紹介します。職種は技術職(化学)です。一般教養は行政と技術の区分なしで、専門試験は希少な化学を専門とする方の参考になれば。

家族や友達からはどのような人と言われる?:公務員試験の面接対策

公務員試験や官庁訪問での面接(民間企業での面接も)の面接では、「家族や友達からはどのような人と言われますか?」という質問があります。

この質問は、面接カードやエントリーシート、履歴書には書かされず、面接の時に聞かれます。この質問は、答え方に失敗しやすい質問です。事前に対応法を考えておきましょう。

家族や友人についてい考えているスーツ姿の女性の上半身

1.面接中に聞かれるから答え方を誤りやすい

「家族や友達からどのような人と言われますか?」という質問は、面接で急に聞かれます。そのため、答えに窮して、つい家族や友達から言われたことを、そのまま話してしまいます。

「自己PRなどから、アピールしたい自分の性格」と「家族や友達に褒められて言われた性格」が一致していれば、特に問題はありません。また、自己PRなどでアピールしたい性格から、多少ずれていても、褒められたことを言うならまだ問題はないでしょう。

しかし、面接では急に聞かれるので、焦って答えに窮し、家族や友達に言われた「自分の短所や、良くない部分」を言ってしまいます。こうなると、面接官には悪い印象を与えるともに、「自己PR等で言っていたことと、異なるではないか」と思わせてしまいます。

2.事前に良いところを聞いて分析

この質問に対する最良の対策は、面接の前に、家族や友達から自分の良い所を聞いてお分析しておくことです。

家族や友人に自分の良いところを尋ねる

恥ずかしいかもしれませんが、素直に家族や、友達以下のことを尋ねてみてください。(答える家族や友達も恥ずかしいと思うので勇気を出して聞いてみましょう)

  1. 自分の良いところ/良い性格
  2. 1.を感じたのはどんな(何をしている)時か?

家族や友人の答えと自分の考えを分析

ただ家族や友人に尋ねただけでは、もったいないです。必ず、家族や友人の答えと自分が面接でアピールしたい内容を比較、分析しましょう。家族や友人の答えと、自分のアピールポイントが一致していれば問題ありません。

しかし、一致しない場合は必ず比較分析すべきです。自分のPRポイントと違うならば、家族や友人の答えと自分のPRに、何らかのつながりがないか、視点が変わったから異なって見えるだけではないか考えましょう。何らかのつながりがあるようなら、面接官に「自分のPRと周りの意見が違う」指摘されても答えられます。

逆に、自分のPRと家族、友人の答えが真逆の場合は問題です。一度自分のアピールポイントを見直すべきでしょう。

3.まとめ

  • 家族や友人からどう見えるかは答えに失敗しやすい問題
  • 事前に家族や友人に自分の良い所を尋ねる
  • 家族や友人の答えと自分のPRを比較分析
  • 真逆の場合は、自分のPRを見直す

公務員試験の面接対策(全般)へ戻る