公務員試験技術職(化学)勉強広場

就活応援広場

技術系の公務員試験の勉強法を紹介します。職種は技術職(化学)です。一般教養は行政と技術の区分なしで、専門試験は希少な化学を専門とする方の参考になれば。

コミュニケーション能力が高いは自分から言う?:公務員試験の面接対策

公務員試験や官庁訪問での面接(民間企業での面接も)で、長所や自己PRを聞かれた際に「コミュニケーション能力が高いです。」と答えることについてです。また、面接カードや履歴書、エントリーシートに書くことも含みます。

筆者は良くないことだと思います。

手を組んだスーツ姿の女性の上半身と文字

1.コミュニケーション能力は面接でわかる

タイトル通りですが、コミュニケーション能力は、面接を通して面接官はある程度判断できます。面接官の質問に対する受け答えの内容に始まり、面接中に面接官と良い関係を築けているか、答えにくい質問(圧迫面接)に対する受け答えなどで判断されます。

つまり、どれだけ「コミュニケーション能力が高いです。」と言ったところで、面接官が面接中に「コミュニケーション能力に欠けているな。」と判断すれば、全くアピールポイントにならないのです。

2.「コミュニケーション能力がある」が落とし穴に!

自分で、コミュニケーション能力の高さをアピールすると、アピールに失敗するだけでなく、面接官の印象も悪くしてしまうかもしれません。

長所や、自己PRで「私はコミュニケーション能力が高いです。」と答えて、面接官に「そうでもない。」と判断されたとします。このとき面接官はどう思うでしょうか。さすがに、「嘘つき」だと思わないでしょうが、「自己分析ができていない人」と判断されるでしょう。

就活で、自己分析ができていないと判断されると、「準備不足」の烙印を押されます。準備不足の志願者を、面接官は採用したいとは思わないでしょう。

3.アピールしたい場合は?

どうしても、コミュニケーション能力をアピールしたい場合はどうすれば良いでしょうか。

面接官と仲良くなる

コミュニケーション能力をアピールしたいなら、面接を通して、面接官と仲良くなりましょう。面接官が自分の話に興味を持つような話し方をしたり、面接官の話をよく聞いて、適切に質問に答えたりしましょう。これが、最高のコミュニケーション力のアピール法です。

面接官と仲良くなれるか自信がないけど...

面接官とのやり取りを通して、コミュニケーション能力をアピールすることに自信がない人は、「コミュニケーション能力が高い」とアピールせずに、「コミュニケーションの大切さを学んだ」というアピールに変えましょう。

これは、「これまでに困難に感じた経験をどう乗り切ったか」で話すのがおすすめです。ここで、「最初は〇〇で苦労したけど、仲間と何度も話し合う(意見を言い合う)/伝え方の工夫の重要性を学びました。」という話に持って行くのがよいと思います。

これまでに困難に直面した経験から学んだことで注意すべきこと

注意したいのは、絶対に「コミュニケーション能力が高いです。」とアピールしないことです。これを入れると、上でも説明たように、面接官に「そうでもない」と思われると、失格の烙印を押されます。

4.まとめ

  • 「コミュニケーション能力が高い」は面接官が決める
  • 高いとアピールしたいなら面接官にそう思わせる受け答えの仕方
  • 高いではなく、「話し合う/伝え方の重要性を学びました。」とアピール

公務員試験の面接対策(全般)へ戻る