公務員試験技術職(化学)勉強広場

りけイノシシの就活応援広場

技術系の公務員試験の勉強法を紹介します。職種は技術職(化学)です。一般教養は行政と技術の区分なしで、専門試験は希少な化学を専門とする方の参考になれば。

周囲の人達と上手くやってけますか?:公務員試験の面接対策

周囲の人たちと上手くやっていけますか?」という質問は、公務員試験、官庁訪問の面接で聞かれることがあります。ここでは、この質問に対する答え方について、見ていきましょう。

オフィスで電話する女性と女性を挟んで話す男性

1.周囲の人達との協調性を確認されている

面接官からの「周囲の人たちと上手くやっていけますか?」と言う質問は、職場の人たちと協力して、仕事ができるか確認するための質問です。

公務は職場の皆で、行います。上司、部下、同僚、時には民間企業と協力して進めます。また、公務は国民(市民)のために行うものです。国民と直に接する際に、国民の意見を無視した対応等をされては困ります。このように、周囲との協調性は、公務員にとって欠かせません。

2.答えに含めるべきこと

両手でガッツポーズをするスーツ姿の女性の上半身

答えに含めるべきことは以下です。

  1. 「大丈夫です」と答える
  2. 具体例を入れる

「周囲の人たちと上手くやっていけますか?」という質問に対しては、必ず「はい、大丈夫です。」と答えましょう。ここで、「自信がありません。」や「周りの人と協力して仕事をするのは苦手です。」と答えてはいけません。

「大丈夫です。」と答えただけでは、説得力に欠けます。些細なことでもいいので、複数人で何かに取り組んだ経験を答えましょう。部活動、サークル活動、アルバイト等で構いません。これらの経験がなければ、大学のグループワークの授業でも良いと思います。また、具体例を入れなければ、面接官から、「どういう時に、そう感じましたか?」など、具体例を聞かれることがあります。

3.犯してはいけない過ち

答えに含めるべきでないことは以下です。

  • 答えにマイナス表現を入れない

✕「打ち解けるまで時間はかかりますが、一度打ち解けると周りの人と協力して課題にあたれます。」

〇「慎重に相手の性格や好み等を考えながら、打ち解けるように心がけています。一度打ち解けると周りの人と協力して課題にあたれます。」

上の表現では、赤字部分がマイナス表現になっています。下の文のように言い換えると、相手のことを思いやりながら、打ち解けようとしていると評価されます。

このように、自分のマイナスの部分はプラスに置き換えて表現できるようにしましょう。

4.まとめ

  •  面接官は周囲の人との協調性があるか知りたい
  • 「大丈夫です。」と答える
  • 具体例を必ず入れる
  • マイナスの表現は言い換える

公務員試験の面接対策(全般)へ戻る