公務員試験技術職(化学)勉強広場

りけイノシシの就活応援広場

技術系の公務員試験の勉強法を紹介します。職種は技術職(化学)です。一般教養は行政と技術の区分なしで、専門試験は希少な化学を専門とする方の参考になれば。

【技術系公務員(化学)】専門試験の勉強法:有機化学

本記事では、技術系公務員(理系)を化学区分で受験される方向けに専門試験対策として、有機化学の、勉強法を紹介します。想定しているレベルは、国家一般職、地方上級レベルです。

色素を溶かした溶液の後ろに構造式

1.はじめに

わからない方のために、有機化学の説明から。有機化学では、有機物の構造、性質、反応を取り扱います。高校の有機化学を、発展させた内容です。(高校よりは、圧倒的に難しいです。)また、一口に有機化学といっても、内容は幅広いです。

続いて、有機化学の勉強法を紹介します。

2.勉強法

ここでは、公務員試験向けの有機化学独学で勉強する方法を紹介します。大学の講義などで、有機化学の教科書を購入された方は、わかると思いますが、有機化学のテキストは分厚いです。これからも、分かるように、有機化学幅広い知識が求められます

一方、独学では効率的に勉強する必要があります。

分厚い教科書を最初から読んでいたら、有機化学だけで数か月かかります。非効率的です。分厚い本をメインにした勉強は、公務員試験の勉強という観点では不適です。(有機化学で食っていくなら読まないとだめですよ。)

そこで、おすすめの勉強法が、こちらです。

0.過去問の分析

まず、各分野の勉強をする前に過去問分析をしましょう。過去問分析についてご存じない方は、以下をご覧ください。

公務員試験の勉強でまず過去問分析が必要な4つの理由

技術系専門試験(化学)の過去問分析ですべき5つのこと

1.薄い書籍で知識の吸収

過去問の分析が終わったら、必要な基礎知識を効率的に身に付けましょう。

使用すべき書籍は、有機化学全分野の基礎知識を網羅した薄い書籍です。これを一度最後まで読み切りましょう。

目安としては毎日読んだ場合、1週間程度かかる速度で読みましょう。2週間以上かけ過ぎです。勉強時間のあまり取れない方は、自分に合ったペースで勉強してください。ただし、効率的に勉強することを常に意識しましょう。

※分厚い書籍は参考書として使いましょう。

2.演習書の活用

薄い書籍を読み終えたら、あとは演習です。演習を通して、基礎知識の定着新たな知識の吸収を行います。使用すべき演習書は、解説の充実した演習書です。
※分厚い演習書でなはない方がいいです。時間がかかりすぎて非効率的です。

使用法です。過去問の出題傾向、形式に沿った問題を何度も解きましょう。
演習書に載っている全ての問題を、解く必要はありません!

初見で解けなくて大丈夫です。最初はわかりません!!解説を読んで理解しましょう。

理解できたら、翌日以降で、もう一度同じ問題を解きましょう。この作業を、できるようになるまで繰り返します。

演習も毎日解いたとした場合、1 ~2週間程度かかる速度が目安です。効率的に学習しましょう。毎日勉強できない方は、自分に合ったペースで勉強してください。

また、演習書を用いた勉強を終えたら、スー過去化学で以前解けなかった問題が、解けるようになっているか、確認してみてもいいと思います。

3.有機化学を得点源に

ここまで終えれば、十分な気もしますが、有機化学を得点源にする工夫も記載しておきます。

この段階になると、必要なのは、苦手の克服詳細知識の吸収です。ここで、必要となるのが、分厚い有機化学の書籍です。 
※くどいですが、最初から分厚い書籍は読まないようにしましょう。

使用法としては、苦手な分野を勉強する際や、問題を解く際に、疑問に思ったことを調べる辞書代わりに使いましょう。
※決して最初のページから読もうと思ってはいけません。時間がかかるだけで非効率的です。

3.おすすめの書籍

公務員試験を受験するなら、「スー過去化学」は必須です。公務員試験対策を専門とした書籍です。本試験に類似した形式で、問題演習ができます。以下を参考にして下さい。

技術系スーパー過去問ゼミ化学を用いた勉強法

有機化学を勉強するため本は以下で紹介しています。有機化学の初学者や苦手な方は参考にしてください。薄い書籍、演習書、辞書代わりに使うべき書籍、高分子化学の勉強に適した書籍をそれぞれ紹介しています。

有機化学のおすすめ書籍

4.まとめ

  • 薄い書籍で基礎知識を吸収
  • 演習書を活用して知識の定着
  • 得点源にするためには、分厚い書籍を辞書代わりに使用

専門試験の勉強法:全体の流れへ戻る