公務員試験技術職(化学)勉強広場

りけイノシシの就活応援広場

技術系の公務員試験の勉強法を紹介します。職種は技術職(化学)です。一般教養は行政と技術の区分なしで、専門試験は希少な化学を専門とする方の参考になれば。

【技術系公務員(化学)】専門試験の勉強法:全体の流れ

本記事では、専門試験を化学で受験する技術系公務員(理系)志望者向けに、おすすめする専門試験の勉強に関して全体の流れを紹介します。勉強の順番を工夫することで、効率的に勉強ができます。

一般教養試験の全般の勉強法と面接対策については、技術職、行政職関わらず以下で紹介しています。

一般教養全般の勉強法

公務員試験の面接対策(全般)

化学の実験器具

1.はじめに

おすすめする勉強の流れは、大学レベルの化学の進度で以下の2つで分かれます。

  • 勉強済みの方
  • 初学者

勉強済の方には、大学レベルの化学の勉強を終えた方または、ほぼ終えた方が該当します。化学系の大学4年生以降は勉強済の方になります。

初学者には化学系の大学1~2年生で大学レベルの化学をあまり学んでいない方、大学で化学を専攻していない方が該当します。

※化学系の大学3年生は、個人の理解の進度、時期によって勉強済みの方にも初学者にも該当します。個人で判断してください。

以下から勉強の流れの具体的説明になりますので、それぞれ該当する方を参考にしてください。

2.勉強の流れ

ここでは、勉強の流れを紹介します

勉強済みの方は、以下の流れで勉強しましょう。

  1. 過去問分析(入手可能なら)
  2. 技術系スーパー過去問ゼミ化学(スー過去化学)
  3. 各分野の勉強
  4. 過去問・スー過去化学の解き直し
  5. 本試験前の復習

初学者は以下の流れで勉強しましょう。

  1. 技術系スーパー過去問ゼミ化学(スー過去化学)
  2. 過去問分析(入手可能なら)
  3. 各分野の勉強
  4. 過去問・スー過去化学の解き直し
  5. 本試験前の復習

勉強済みの方と初学者で勉強の流れが異なる部分があります。勉強済みの方が、過去問分析を行ってからスー過去化学をすべきなのに対し、初学者はその逆です。この理由は、大学レベルの化学の知識を持たない初学者に、解説がなく解答しかない過去問分析はできないからです。

初学者は公務員試験に頻出する知識程度で十分なので、スー過去化学で知識を習得してから過去問分析を行いましょう。知識なしで過去問に手を付けたとしても、分析は不可能です。

これ以降は、各項目について簡単に説明します。詳細はリンク先を参考にしてください。

3.過去問分析

過去問分析は非常に重要な作業です。この作業の出来によって勉強の効率が変わります。手を抜いてはいけません。過去問の重要性と具体的やり方は、以下を参照してください。

4.スー過去化学

スー過去化学を使った勉強に関しては以下で詳しく紹介しています。

勉強済みの方は、スー過去化学を解くことで、公務員試験で出題頻度の高い問題を解けるようになりましょう。スー過去化学の問題が解けるようになることで合格に大きく近づきます

初学者は過去問分析は後回しで構いません。スー過去化学の問題が解けるようになりましょうスー過去化学に記載されている問題が本試験で出題されたら、必ず得点できるようになりましょう。スー過去化学を解くことで、各分野の重要な知識について知りましょう

5.各分野の勉強

過去問分析、スー過去化学の勉強が終わったら、各分野の勉強に移りましょう。工学に関する基礎の勉強も、この段階で行いましょう。全分野の勉強をする必要はありません。自分の苦手野だけ勉強しましょう。

勉強済みの方は、苦手分野から、出題傾向などを考慮して効率的に勉強しましょう。

初学者は、一般化学/物理化学から勉強するとよいです。その後は、無機化学有機化学の勉強をしましょう。どちらを先に勉強し始めても構いません。同時並行してもよいです。その後、化学工学、分析化学の勉強をしましょう。生物化学が出題される方は生物化学の勉強もしましょう。

各分野の勉強法とおすすめ書籍は以下で説明してあります。

工学に関する基礎の勉強法はとおすすめ書籍は以下で紹介しています。

また、地方公務員試験では自治体によって、上記の分野とは別の分野が専門試験に課せられることがあります。(環境分野、農芸化学分野、薬学分野などです。)各自が受験する自治体の受験案内で調べるなり、問い合わせるなりしましょう。

6.スー過去化学・過去問の解き直し

各分野の勉強が終わったら、スー過去化学と過去問の間違えた問題を解き直してみましょう。

スー過去化学の問題で、解けなかった問題が解けるようになっていれば勉強の成果がでています。間違ってしまった場合は、ケアレスミスか、根本的にわかっていないか確認しましょう。根本的にわかっていない場合は、該当箇所を、もう一度勉強し直しましょう。

一方、過去問の解き直しでは、間違えた問題が全て解けるようになっていなくても構いません。公務員試験は満点を取れなくても合格します。勉強をする前より、問題が少しでも解けるようになっていれば成功です。

7.本試験前の復習

本試験の前の復習では、苦手分野から行いましょう。苦手分野の復習を終えたら、出題頻度の高い問題の復習を行いましょう。また、復習にスー過去化学を用いると、効率的に復習ができると思います。本試験前の復習に関しては、以下をご覧ください。

【関連記事】本試験前の復習の仕方

8.まとめ

  • 勉強済みの方は以下の順番で勉強
    1. 過去問分析(入手可能なら)
    2. 技術系スーパー過去問ゼミ化学(スー過去化学)
    3. 各分野の勉強
    4. 過去問・スー過去化学の解き直し
    5. 本試験前の復習
  • 初学者の方は以下の順番で勉強
    1. 技術系スーパー過去問ゼミ化学(スー過去化学)
    2. 過去問分析(入手可能なら)
    3. 各分野の勉強
    4. 過去問・スー過去化学の解き直し
    5. 本試験前の復習